食べ過ぎたとき太らない為に何をすればいい?

会社の飲み会や女子会で『食べ過ぎちゃったな〜』と、後悔した事はありませんか?

でも、大丈夫!

食べ過ぎても太らないコツがあるんです。

それは…痩せるホルモンを増やせばいいんです!

『痩せるホルモンって何だろう?』と疑問に思ってる方もいると思うので、ここでお話していきますね。

痩せるホルモンとはGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)と呼ばれるホルモンで、このGLP-1を多く保持している人は食べても太りにくいんです。

それとは逆に、GLP-1が少ないと太りやすくなります。

つまり、体内のGLP-1の量で痩せやすいのか、太りやすいのかが決まってくるんですね。

GLP-1は食事をすると分泌され、分泌量が多いほど満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防いでくれます。

また、糖の吸収を抑えてインスリンを分泌しやすくし、食事で血中に増えた糖をしっかりとエネルギーに変換してくれます。

ですが、私達は年を重ねるにつれて腸内の悪玉菌が増えていき、普通の生活を送っていても腸内環境が悪くなっていく傾向にあります。

では、どうGLP-1を増やせばいいのでしょうか?

*痩せるホルモンを増やすコツ

①乳酸菌を増やす
腸内環境さえ整えば、GLP-1が多く分泌される様になります。
乳酸菌そのものを摂る事はもちろんのこと、食物繊維とオリゴ糖を積極的に摂ると良いです。
ヨーグルトとかですね。

②EPAを多く摂る
EPA(エイコホペンタエン酸)は青魚に多く含まれています。

③サプリを使う
EPAを摂るには青魚が良いと紹介しましたが、青魚が苦手な方も多いと思います。
今では、EPAを簡単に摂れるサプリメントが多く出ていて、サプリなら毎日決められた量を飲むだけなので簡単ですね。

*甘い物やアルコールを減らす

腸内にはカンジダ菌という菌がいます。
このカンジダ菌、普通は何も悪さをしないのですが、大量に増えると慢性的な下痢や便秘・腸炎を起こす恐れがあり、腸炎になってしまったらGLP-1の分泌量が少なくなってしまいます。

カンジダ菌が増殖する原因として挙げられるのが、砂糖やアルコールの摂りすぎです。

また、無理な食事制限をしてダイエットを繰り返していてもカンジダ菌が増えてしまうようですよ。

腸内環境を整えるには、甘い物やアルコールを控めにして、無理な食事制限をしない事もひとつの手ですね。

食べ過ぎちゃったなと思ったら…

どうしても断れない食事会やお祝い事など、色んな食べ過ぎてしまう場面があるかと思います。

そう言う時には我慢せず食べて、食べた後で、太らないように工夫すれば良いんです。

簡単にできる3つのコツを紹介します。

★食べた後3時間は寝ない(寝る前3時間前には食事を終える)

夜は内臓の働きが活発になり、消化吸収は行われているものの、昼間の様にはエネルギーが消費されない為、脂肪として蓄積され易いので、夜の高カロリー・高脂肪食は肥満を呼び寄せている様なもの。

ですから、食後最低3時間は起きている様にすると良いです。

★お風呂にゆっくりのんびり入る

貯め込んだエネルギーを少しでも消費する為には、汗をかいて代謝促進が出来る『お風呂』が最も有効です。
その際には、食べてしまった罪悪感などは持たずに、美味しいものを堪能した幸福感とともにリラックスしながらはいりましょう。

時間はいつもより少し長めにして、入浴後にはしっかり常温水を飲み、ストレッチまで出来れば理想的です。

★翌朝は野菜ジュースのみにする

翌朝の食事で大事なのは太る悪循環を作らない事。
控えめの食事を意識して、トーストとコーヒーを選んでませんか?
これこそが超危険な朝ごはん!

血糖値が急上昇、急降下して太りやすい炭水化物依存のサイクルに陥ってしまいます。

食物繊維が豊富で、ビタミン類を摂取出来る生野菜ジュースだけに留めておきましょう。

この様に、幾つかの工夫をすれば、たとえ食べ過ぎてしまっても大丈夫。

楽しく美腸生活を満喫しましょう!

◆それでも太りやすくて困る時は、スルスルこうそを飲んでみてください。
スルスル酵素は、食べ過ぎても太りにくくなるのは本当?
消化酵素も含むので分解してくれて、代謝アップになって痩せやすくなるからです。

スルスル酵素は、乳酸菌も入っているので便秘も解消されておなかもすっきりで美肌や健康にも効果的ですよ。

公式サイト↓
スルスルこうそ